about

・手島郁郎(てしまいくろう)の略歴
1910年誕生。
少年期よりキリストに帰依し、内村鑑三、賀川豊彦、及びスンダルシング(インド)の影響を強く受ける。無教会主義に共鳴し、塚本虎二に私淑。
1948年、熊本にてアメリカ占領軍の横暴な政策に抵抗したために米占領軍政に好ましくない人物として追及され、阿蘇山中奥深くに逃れる。そこで救いを求めて祈りつつある間に、神から伝道者としての召命を受ける。
旧新約聖書を直接、原典から学び、主イエスと弟子たちによる聖書そのままの原始福音運動を提唱。
 信仰証誌『生命の光』を発刊。その群れを『幕屋(まくや)』と称し、全国にキリストの伝道を展開する。日本国の精神的復興のためにキリストの福音が民族の魂に根づき、民族のもつ尊い使命が発揮されることを願う。
1950年以降、聖霊の恵みに浴しキリストが働く徴(しるし)と奇跡が続出する聖書さながらの独立伝道を各地に展開する。
1973年東京にて召天。

 この日本的キリスト者 手島郁郎の著作集の販売をいたします。

手島郁郎文庫 有限会社
〒158-0087
東京都世田谷区玉堤1-13-7

Tel. 03-6432-2050
Fax. 03-6432-2051
mail : teshimabunko@gmail.com