手島郁郎伝

  • ¥ 3,000
  • 生けるキリストと共に歩んだ手島郁郎の生涯は烈しく、戦いの連続であった。師には人間を愛する優しい心が溢れていた。愛弟子吉村騏一郎氏の筆は、師のキリスト者としての深い信仰と豊かな人間性を惻々と伝えてやまない。戦後日本の片隅、熊本に始まった手島郁郎とその群れ『キリストの幕屋』を描く第一巻。 A5判上製

  • ¥ 3,000
  • 敗戦後の熊本の一隅に、小さく点じられた生命の光は、燎源の火のごとく日本の救いと燃えさかる。キリストのみ指さし、世界の灯明台として日本民族が負うべき使命を、愛の炎に燃えて語る預言者手島郁郎!現代の『使徒行伝』ともいうべきキリストの弟子の歩み。熊本から大阪へ進出、そして世界に。吉村著の続編。 土田 能裕著 A5判上製

  • ¥ 3,000
  • 「日本が世界の灯明台となるために!」神への熱情に燃えて、東京伝道に全てをかけた炎の魂であった師 手島郁郎。愛弟子が綴る預言者の生涯、遂に完結。 土田 能裕著 A5判上製

  • ¥ 3,000
  • 霊味あふれる 手島郁郎信仰日記。 独立伝道を始めた頃の40歳から晩年を迎える60歳代までのキリストに黙って一途に従った一日本人キリスト者の記録。 四六上製函入

  • ¥ 1,500
  • 笑いあり、涙あり、おもわず声をあげて感動してしまう数々の手島先生とのエピソードを満載。先生との触れ合いを通して、生けるキリストを証しする。 熊本伝道時代 A5並製

  • ¥ 1,500
  • 笑いあり、涙あり、おもわず声をあげて感動してしまう数々の手島先生とのエピソードを満載。先生との触れ合いを通して、生けるキリストを証しする。 大阪・東京伝道時代 A5並製